Pomchanet!!


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
準備に必要なこと
 準備

1、好きなものを知ること

2、嫌いなものを知ること

3、一番ゆずれない、大切にしていることを知ること

4、一番許せないことを知ること

5、なぜ、1234のようになったかを知ること

6、なぜ5にいきついたかを忘れないこと

7、正直になること

8、人と比べないこと



ですね

| myself | comments(0) | trackbacks(0) |
しゅうかつ。語弊はあります。

なんかあれですよ(言い訳が見つからない始末)

そう、あれです。シューカツ。シュークリームカツ丼の略だったら
どんなにいいだろう、シュークリーム。

うそうそ。就職活動ですね。
11月に入る前までは美祭をとにかく成功させたかったし
リーダーとしての責任もしっかり果たしたかったから
12月になったら本気になる!と決めて、
まあ今に至ります、うわ、だいぶ端折った!笑

12月入って就活を進めていく中で、だんだんこういうことがしたいっていう
軸が分かってきて。自分が今までこれだ!って決めてた道が全然興味なくなったり、
頭悪いから無理だと思ってたところをそんだけの理由で挑戦しないのはもったいないよな
と思えるくらいまで志望度が高くなったり。
お祈りメールとかなんかズドーンってなるし、あたしこのまま内定貰えないどころか
全部書類と筆記でしぬんじゃないかとか毎日思ってるけど
その分毎日勉強できてるなあとは思う。楽しいか楽しくないかと言われると
今のところ楽しい、と言っておく。
(きっと数ヶ月後はもう辞めたい消えたいとかになっててもおかしくないかもなあ笑)

その中で感じた「美大」っていう存在。
やっぱ美大生って特殊なの?なんなの?すごい変な思われ方してるなあってのが
気になる。良い意味でも悪い意味でも気になる。
外からの見られ方もそうだけど、なにより「あたし達美大だから」みたいな
空気も結構目につく。これはかなり悪い意味で。
これはあたしの勝手なフィルターもかかってるから語弊はあると承知で言うけど、
ビダイセイってどこかそういう雰囲気醸し出してるよなって思う。
「自分たち、お前ら一般生とは違うからよwwwww色んな意味でなwwwww」みたいな。
これはすごい恥ずかしいなと思う。
そう思ってたのあたしだけなのかな。あたし頭おかしいのかな。まあwwwwまでいかなくても、「一般大とは違うし」っていう考え方自体は、思ったことある人いると思う。心の奥隅っこのほうでね。


あらゆる面から見ていくと確かに違う部分もあると思うけど、でもその考え方、ある一面からみたら危険すぎじゃない?て思うこともあるの。
一般の大学に通ってる人(今はこういう言い方とか区別する人は正直嫌い。でもごめんなさい、いい言葉が見つからないので使っちゃいます)ってキチンとしてるなっいうね。それは学歴とかいう意味ではなくて。言葉ひとつとっても、話し方も、人としての態度もそう。キチンとしてる。それに比べて美大生の言葉や話し方、態度、すべて「なんか変じゃないかなあ、常識ズレしてないかなあ、雰囲気だけで伝わるとか思っちゃってないかなあ」と思っちゃうんだわな。それは美大生っていうククリすべてで話すのは違うけどね。キチンとできてる人も勿論います。もちろん逆もしかり。これはたまたまあたしが見てきた環境の中で話すとってことだけど。あれ、そうすると今完全に母校をディスってることになるのか?いや、それは違うな。他でも感じてる事なのは事実。

前々から「美大」っていうちっちゃなコミュニティ内で、私たち内で通じる感覚や当たり前のこと=世間一般でも通じる当たり前だよね?みたいな錯覚起こしてないかなていうのは薄々あって。言葉がまとまらなくても、雰囲気で汲み取れる。感覚で分かる。イメージが共有できる。これはほんとごく一部の人たちが共有できる感覚であって、社会には1mmも通じない。そんなん、今更そんなこと気づいたんかよお前、と言われてもおかしくはないと思うけど本当にそれをより、日々痛感してる。
それが、だんだんと恥ずかしくなってきちゃう。私たちがもつ「一般生とは違うから」ていう感覚、端から見たら「それ自分たちのコミュニティ内で固まって居心地いいだけでしょ?」じゃないか!というね。まあ私たちからすれば言葉にするのが苦手だから絵という表現を使って伝えるんだっていうことなんだけど、果たしてそれが完全なる正当となるかと言われると、あたしは疑問だなあ。
いち社会人となるうえで、危ない感覚だと気づいたんだわ。
仕事をするうえでは、その共有ができない人たち相手に言葉で魅力を伝えなきゃいけない場面が絶対にでてくる。絶対に。そうしたときに、あれ、あたし大丈夫かなと思うんすよ。
ちゃんと「伝える」仕事できてるかな、できるのかな。と。


まあ要するに、世界は広くてですね、視野は広げるべきだと、そうすることでいち社会人になることを意識できるな、いうことですよ。
こんなに色々ごちゃごちゃ書いておいて、結論これなの?という(笑)
すいません、やっぱり言葉で論理的に説明するのは得意ではないっす・・・課題。


まだまだ始まったばかりだし、毎日不安で毎日焦ったりしてるけど、
こうして毎日社会と自分の繋がりとか考えると、今日も勉強になったなあとか思ってます。
こんな偉そうな口叩いといて、卒業するときニートだったらどうしようごめんなさい。
自分の考えの甘さに日々絶望するはぎわらでした。

異論は認めるけど、心の中にしまっておいてね(打たれ弱い)












| myself | comments(0) | trackbacks(0) |
はぎわらメーカー


毎年10月は自分の限界を超えよう月間みたい。

最強に辛いんだけど、最強に楽しいっす。



人生22年目にして、なんのキッカケもなく
ジャ○ー○に足をつっこみはじめました
自分でもよくわかんない
でも(いわゆる一般的に見て)イケメンが歌って踊るって
やっぱ絵になるよなあなんて思ったり。
キメッドヤッっていう絵を使ってのPV演出とかも
なんか面白そうだなあなんて思ってます。
こういうカット撮ったらファン喜ぶだろうな(ニヤニヤ)とか
色々策略が見えて楽しいです。

まあ所詮ジャ○ヲタ乙wwwwwとかいう人多いと思うけど、笑
いいと思うよなんでも


てか寝る




| myself | comments(0) | trackbacks(0) |
素直な反応。
 こういうのは久しぶりなんだと思うけど、
この間のCMを、キャストさんにお披露目しました〜〜〜〜
あ〜〜〜緊張した笑


くすっと笑ってくれたり、思いっきり笑ってくれたり、
これいいね、って言ってくれたり、この瞬間がたまらなく嬉しいから
作品作り続けてるんだろうなって思う。
生きててよかったよ

単純に、作品1つでコミュニケーションが広がるって素敵だよね!!!
みんながipadにいれた映像を何回も再生してみてくれた姿が、
ほんっとに嬉しくて嬉しくて。

喜んでくれてほんとに良かった!
ちゃんと気持ちはお返しできた、、、、かな??



最近のふぬけ具合は半端ないけど
これからまた頑張る。


あ〜〜〜〜しあわせ〜〜〜〜〜〜〜!


| myself | comments(0) | trackbacks(0) |
あめちゃん



これマジうまい。

あたしが食べたのは、純粋にジンジャアア

いや、これほんとジンジャー好きにはたまらない
濃厚ジンジャー飴です。

うまいおいしい。


ほんととまらないくらいおいしい!



5月から、本気だす。


3月本気だして、4月ふぬけてしまったので
5月は本気出す。 

| myself | comments(0) | trackbacks(0) |
はぎわらさんが考えること2



目の周りを黒く撮る機能は是非やめていただきたい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

好きなものだったり、これいいな、って思うものは
どうしても、色あせてたり、切なかったり、情緒的であったり、
そんな感じ。

抜け出せてるか、とかじゃなくて、もう認めることにしました! 

好きなんです!そーいうの!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

制作ですが。

テーマが設定されてるほうは手つかずで
新しいことに首をつっこみ、それにまっしぐらした2日間。
違うんだ、もう!!!!と毎日ツッコミをいれて、
とりあえずまたアイディアからまた振り出しに戻っているんです
まだ面白いことある気がする・・・ってもう。

O村先生の授業を思い出して、
これじゃ普通、これも普通、と言われるのを想像して
やってます。
大丈夫・・・か・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポートフォリオって、
ほんとこういうときに必要だと思って、
自己満でも、ちゃんと作っておこうって痛感した。

同時に、自身もって「ほらよ!!!!!どやっっっ!!!!」って
できるもの、あたし残せてるかなと、更に不安になる。


不安になっちゃだめなんだよ、
どれも自分が納得いくまで悩んで苦しんで泣いてもがいて作った作品たちだし、
全部それが自分なわけなんだけど、
他人から見たら・・・とか考えてしまうのは
あたしが弱いからなんでしょうか
気にし過ぎ病ですか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうやって色んなこと不安に思って、ぐしゃってなりそうなとき、
とある友人(もうもはや頼りすぎて専属の保健室の先生みたい。笑)の
言葉を思い出します。

がんばろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今になって、冷静に色んなことを思い出してみると、
なんだか、あんだけ難しく色々考えてた割りに、
物語の全貌が見えると、なんて単純な、分かりやすい話だったんだろうと
呆れ返っちゃいます。
色々ぐしゃぐしゃ考えて、気分もどん底で、たまにマックスハイテンションで、
そんな感じだったけど、結局気分に踊らされてたわけだ。

簡単なことでしょっ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


おしまい!







| myself | comments(0) | trackbacks(0) |
呆然とするだけ?


わたしの部屋は工具やら紙やら裁縫道具で溢れかえっています
工具大好きです




地震から1週間以上がたちました。
地震がおきてから、なんにもする気がおきなくって、
TV見るたびに気がどんどん滅入ってしまって、
5日間くらい、暗い部屋で何にもせずにぼーっとしてました。
ぼーっとしている、というか、ずっと呆然としていた、というか。

でも、今自分にできることをとにかくやるしかないと。
暗くたって、なんだって、こうやって生活できることが幸せなんだし
自分がやらなきゃいけないこと、できること、
ちゃんとやりきらなきゃなって思って
4月の展示にむけて、再びエンジンをふかしているわけであります。 


自己満ポートフォリオが作りたいです。
頭の中ではできているんだけど、
PC作業がほとんどをしめるから
PC使ってていいのかなとか、節電・・・とか色々考えてて
展示に間に合うかは分かんないけど、
編集はすすめていきたいなっておもう。
っていうか間に合わせたい・・・!!!ぬぬぬーん!


あとNY記をいまさら編集し直しているんだけど
70%くらい完成したから、完成までもっていきたいなあ〜〜〜
オリジナルファイルができたら勝ち。
できなかったら負け。
ううん。それにしても紙がおおすぎて収まらない疑惑。


あとあと、この4月にむけての制作。
地道な作業が、きっと、魅せてくれるはず。
どうなるんだろう、、


見ているか分かんないけど、
みんなの制作状況知りたいなあ。





思うことは一杯あって、
今の世の中ツイッターとかで発信し放題なわけだけど、
言葉が外にでる、って考えたら
急にしぼんじゃって、
正しいこと言っているのか、間違っているのか、
今いうことなのか、そうじゃないのか、
不謹慎だなんだ、色々考えすぎて
しゅん、ってしちゃう。
どうでもいい心のつぶやきはさておき、
自分の意見を述べるってすごい責任あることだよね

と、今この文章を書きながら思いました!


作業にもどります!


| myself | comments(0) | trackbacks(0) |
ぶつぶつぶつぶつ。
このブログが誰に見られているか分かんないから
あんまりエピソードを詳しくかけないから
意味不明だと思う。


今回のおっぱい展の作品について
つれつれと。



ある一言が、すごくすごく衝撃で、
そこから生まれたかんじ。

それに対して反抗心っていうか、じゃあ形にすれば、可視化できたら
ちょっとは変わるの?っていうそんなところからきてます。

もちろん独りよがりなところはあるし、だから何だと言われてしまえば
全部それまでだと思う。
けど、私の中で論理的にいえば、一応筋は通っているはず。

結局そこなんだ、ってまた自分が悲しくなったけど、
自分の世界の中に閉じこもって、誰か1人でもが共感してもらえばっていう
ほそぼそとした作品が多かった私だけど、
今回はなるべく多くの人に伝わったらいいなあと思います。
というか、そんなぬるい感情っていうより
伝われええええええって感じ。

、、、なんだそりゃああああわけわからん笑


1ヶ月切ったし、やりたいこと山ほどあるから
がんばります









| myself | comments(0) | trackbacks(0) |
ノンフィクションの世界
 授業でノンフィクションドキュメンタリー映像の制作をしていました。

10月から撮り始めて計7時間(8時間?)の取材テープ、
実際トラブルとかミスで撮り切れてない部分をいれたらおそらく
20時間くらい(もっといったかなあ、いや、あったな!)の取材をしたものが、
はじめ1時間にまとめ、最終的には15分にまとめて、
今日、講評がおわりました。
冬休み返上して、もう単位貰えるか貰えないかの瀬戸際で必死でやってきて
ほんと良かった・・・

力ぬけた・・・

てかそれくらいこの授業には本気で取りかかってたと思う。


もともとこの授業を選択するときに、
授業テーマが「人」を撮るってことで。
もともとリアリティあるものにすごく興味があったし、
人の作り込まない世界っていうものに魅かれてたから
もうこれしかないって思ってこの授業とって。


最初は面倒くさい授業とっちゃったなって思ったけど、
この授業のおかげで映像すっごい学べた気がする。。。うん。

たかが学校の授業くらいでって思うかもしれないけど、
私にとってはこの授業は本当にタメになった。


最後にドキュメンタリー撮ったことで、
映像の新しい面白さも勉強できたし、
私のやりたいことって、これかもな、なんて思ったりもしたのね。

よくよく考えたら、TVもノンフィクション系しか見てないことに気づいた。
ドキュメンタリーとか、なんか世界遺産系とか。
すきなんだろうなあ。

自分の作ったもので人を幸せにするっていう仕事も
もちろん興味あるけど、
そっちよりも今を伝える、今生きてる姿ってすごいんだぜ、っていう
なんていうか、リアル、なんだろうな、
リアルをまんま伝えるそんな人になりたい、なんて思いました。
人のもつ魅力ってすごいよね。


てか去年?はあたしヴィジュアル行くか環境行くか本気で迷うくらい
環境っていうか空間デザインにめっちゃ興味あったし、
(もっと細かく言うと照明デザイナーとか光のデザイナーに憧れてた、本気で笑)
なんかコロコロかわるのどうなんだろうなんて思っちゃうけど。
ポジティブにまとめると好奇心旺盛ってことでいいよね??(あれ)


ドキュメンタリーって、本当に文章構成力がない人できないなって思う。
最近番組を1つ1つ研究していくとね、
もうプロの仕事ってすごいなあとしか言えない。
自然に違うカットいれてきちゃったり文字はいってきたりとか
物語が1〜5あったら、1〜5を順番ずつ流すんじゃなくって
3からはじめて34125とかいう順番(適当に番号書いたけど)で
構成してたりとか!!!でもうまくつながってるんだ!
もうああああ〜〜〜すっげ〜〜〜〜しか言えなかったもん(笑)


ひとつ繋げ方を間違えると、ヘタしたらその人が全然違う方向に
思われてしまったり、意図してない方向に逆走してしまったりっていう怖さもあって。
構成って大事だし、それに加えて、カメラのアングルだカットだのバランスも必要。
もう10あったら10以上のこと気使っていかないと
進めないんだ。
むずかしいいいい〜〜〜〜〜〜


もっと本よんだり、新聞読んだり、番組研究したり、
そんなことがしたいです。








それよりも、明日の英語プレゼンなんにも考えてない。
その場で喋れるかな。
こわいな。






| myself | comments(0) | trackbacks(0) |
はぎわらさんってひとが今かんがえてること。もんもん


最終講評が終わって、いまこんな気持ちです。
最近もんもんする時間長い。。。

ごちゃごちゃしすぎて、
また悪い癖で考えすぎちゃって、
深い迷宮入りしちゃって、
間違った森に迷い込んで、
結局帰れなくて、
その場に立ち尽くしてる感じ?

今回の作品どうこうというより、
自分の考え方とかやり方とか、
そういうほうが大大大大問題で、
じゃあどうしたらいいかな、って考えると、
また違う変な森に入っちゃうんだな。

これは頑張ってるっていうか努力しているっていうか、
一人で勝手に苦しんでるだけだ、、、笑



音楽は全然考えなくて
ただ楽しくていいんじゃな〜いてできるんだけどね
(このスタンスをあんまりよく思ってない人もきっといた。
いや、絶対いた。)
やってることは同じなんだけどなあ、
迷っちゃうんだよな、変な森。


こんなんで人を幸せにするデザインってできるのかな
なんて思っちゃうとまた変なm(いい加減戻ってこいwww)


そういうもんもんもんもん・・・がつもると、
なんか悔しくって悔しくって、バーっと泣いちゃうんだよな
毎日毎日悔しい思いして、
でも何にも解決できてなくってまた悔しくって、
わけわかんなくってうわああん、、、って。

悔しいのかたまりだなあ。さいきん。
悔しいって一旦思うと、もう目にたまってるんだ
ううん

ううん、むずかし、、、、笑



自分の考えを整理する、、というか深く考える機会が多くて、
ここ1、2ヶ月くらいこんなことばっかり考えてます、、、
完全根暗発言もうしわけないい。
作品面だけじゃなくって、
にんげんてきにどうなのよ、ていうのも含めてね。
むずかしいな、完璧なんて無理だな。なんて簡単にぽいってできたら
幾分楽なんだけど、、、、。。。。。。


今日クラスメイトからの客観的な意見を書いてもらって、
ちょっと森から戻って来れたかもって。
ちゃんと伝わってるって、分かったし。

そんなわけで、
今、思うことはたくさんあるわけで、あります。









| myself | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3 | >>