Pomchanet!!


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
2014年が。

あけましておめでとうございます。

久しぶりにログインしてみたら、
定期的にここを見てくださる方がいることを知りまして。
有難うございます。
写真もサービス精神もないですが、非常に嬉しいです。
だから、お礼に鴨そばのお写真を。

2014年になりました。
一発目に、堺雅人さんのエッセイ第2段を読みました。
様々なドラマや映画、舞台などをこなしている最中の文章。
色々なことに興味を持って調べたり、感じたことがたくさん細かく書いてあるのを読んで、
ふと自分はどうだっただろうと思い返してみました。

2013年の1年間、何かに対して興味を持ったり、熱中したり、
悩んだり、考えたりしなかったなあと思って。
すべてを「忙しさ」のせいにして、なんだか23年間生きて好きで続けてきたことを
置いてきてしまったなと感じました。

そうなってしまった1つの原因は2つ。
1つめは単純に「本を読まなくなった」事。
影響を受けやすいため、色々考えたりするいいきっかけになるのが
私にとっての本なのです。

あと1つはとても悲しい。
私の興味の範囲や、目にする範囲が、明らかに「仕事環境」から外に向いてないこと。
テレビ、ネット、聞いた話、
仕事上どうしても知らなければいけないこと(資料探しなどで、必然的に覚えていってしまう)、以上。
それも膨大な量で、とてもじゃないけど自分には処理できないものもあった。
そういう面倒なものナドを、他のものに目を向けられないことを、すべて「忙しいから」と片付け、
どんどんと目線が狭くなっていることに気づきました。
だから、大きな憧れや目標がどんどん霞んできているような、そんな感じがしてやまないのです。
1年目だし、あっという間に過ぎ去るのは仕方のないことでも、
それも「忙しさ」という4文字に全部混ぜ込んで見えなくさせているような気もするのです。
つまりは「忙しさ」を都合のいい言葉として使っている。
そんなことも悲しい。

今年はまず手っ取り早くできることから。
本はゆっくりペースでもいいから、読み続けようかなと。
できれば色々なジャンルを。
デザイン、エッセイ、小説、流行もの、あと経済もの。

吸収できる世界を広げる。
これが私の今年です。


本年もどうぞ、よろしくお願い致します。
皆様にも良い1年となりますように。







 

| - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://pomchanet2.jugem.jp/trackback/119